様々な災害が頻発しています。

自分にとって不要なものでも、無くて困っている人にとっては必要なものです。 物は欲しいタイミングで手に入ると、とてもありがたく思うもの。 被災した人たちが手にする支援物資には、何かしら役に立ててほしいという思いものせて届くもの。 大切に使ってくれるはずです。

思いも合わせて届いてほしい

台風、地震など、日本では昔から自然災害が多く、それだけたくさんの被害が出てきました。
最近の異常気象は、豪雨や豪雪などをもたらし、川の氾濫や集落の孤立など、昔に比べて頻度が多くなっているように感じます。
これらは研究が進んでいるものの、私たちにできることは少なく、自然災害の恐ろしさを毎度確認させられますね。
発生してしまったものは、なかったことにはできません。
災害が残した爪痕は深く、被災した人たちは一瞬で多くのものを失ってしまいます。
テレビなどの報道で、被災地の状況や被害の内容は知ることができますが、実際に被災した人たちがどれだけ大変な思いをしているかは、想像以上のものでしょう。
そこで、わたしたちにできること。
被災地を支援することです。
支援にはいくつかの方法があります。
寄付をする、ボランティアに出向く、支援物資を送る。
そのどれも、被災地にとってはありがたいものですが、やみくもに支援すればいいわけではないことは、度重なる災害でわかってきたことです。
被災地はその時に足りないものを補ってほしいと考えます。
物がなければ困っている時には物資で応援してほしいし、片付けなどの手が足りなくて困っていたら、ボランティアに多く来てもらいたいと思うわけです。

支援についての基本的な知識と注意点をまとめてみました。
しっかり考えてから行動しないと、逆に迷惑をかけることになることもあります。
自分にできる範囲ででも、要望に沿った支援ができることが理想ですね。

今の支援を考える

支援で一番手っ取り早いのは寄付金ですが、これは復興の予算として後々になって使われる場合もあります。 今困っていて、今必要なものを支援するなら、物資を送ることです。 被災地では被災後も、毎日の生活が続いていますから、短期的、長期的の両方で支援を考えていきたいものです。

受け取る側を想定しよう

荷物が届けばすぐに使えると思いがちですが、避難所などの仕組みはなかなか複雑になっています。 被災地にいつ、どんな形で届けば助かるのか、手間が少なく済むのかといったことも合わせて考えることも、支援の一つ。 一方的な思いにならないようにしたいですね。

TOPへ