受け取る側を想定しよう

物資を送る時の工夫

送った物資がどうやって被災者の手に渡るかを考えたことがありますか?
単純に配っているわけではない、と想像できる人はあまり多くないと思います。
そもそも、被災地は交通網もマヒしていることが多く、送った荷物が予定通りに到着するとは限りません。
その間に不要になった、他からの支援物資で足りて余ってしまった、という事にもつながります。
また、届いた物資は地域の職員やボランティアなどが解包して、中身をチェックしていきます。
仕訳と確認に思ったよりも人手と時間がかかるので、例えば、一箱に一種類(食料だけ、衣料品だけなど)を梱包する、送付リストを付けるなどしておくと、被災地に負担が少なく済みます。
足りないものを公表し、発信している自治体もありますので、よく確認しましょう。

過去の災害から学んだことは

いくつかの大きな災害を経て、支援についてわかってきたことは、時間の経過とともに、必要になる支援は変わっていくということ。
被災した直後は、その被害の把握と並行して、避難住民の生活必需品を早急に用意しなければなりません。
また、被災したから必要なものもあると思います。
災害の内容によりますが、思いもよらないものが役に立つことも。
発生からしばらく経過すれば、復興のこれからを考えて、土地の整備や仮設住宅など、設備投資が必要になります。
必要な助けでなければ、それは支援とは言えません。
勝手な思い込みで被災地の要望と一致しないような行動は慎みたいものです。
不要になったものを被災地で役立ててもらうことは、とても良いアイデアです。
私たちに何ができるか、考えるだけではなくて実際に行動してみましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ